領域紹介

基礎看護学
今、実施している看護は何のため?看護とは何だろう。安全・安楽・自立を目指した看護技術とは?もう一度ふり返り追究していきましょう。
母性看護学
マタニティサイクル期を含めた女性の一生を通した、母性の健康の保持・増進、さらには家族中心の看護とは何かを学んでいきます。
小児看護学
准看護学校での「母子看護」から「小児看護学」として独立した科目になっています。
次世代を担う子どもについて、成長発達を理解するとともに、様々な状況にある子どもと家族への援助を学びます。
成人看護学
成人期は、青年期から壮年期を経て、向老期までの人生で一番長い期間になります。成人期の健康な人から、急性期・慢性期・終末期のあらゆる健康レベルにある方を対象に看護を学んでいきます。
精神看護学
今までの知識を基盤により深く精神看護を学べるよう、精神科医や精神看護師からの講義もあります。心のしくみや精神に疾患を抱えている対象のおかれている状況を理解し、その人がその人らしい生活を営むという視点から考えることを大切にしています。
老年看護学
様々な経験を積み重ねてきた高齢者からは多くの学ぶべきことがあります。高齢者の成熟現象に視点を置き、高齢者の「自己実現」「尊厳保持」「身体残存機能の拡大」を目標に自立・社会参加・生活者としての権利を考えた学習をしていきます。
在宅看護論
住み慣れた場所で療養生活をしている対象に提供する看護について学び、多職種との連携協働をする方法を学習します。
看護の実践と統合
どのような場面にもすぐに対応できる広い視野と実践的な力を身につけましょう。