理念と目標

教育理念

 本校では開設当初からこれまで、看護職者として優秀な人材を数多く送り出してきました。下記のように教育理念を定めて教育を行っております。

「学生は、生命の尊重と個人の尊厳を普遍の原理とした人間学を基盤とし、主体的な学習により看護職に必要な基礎的知識・技術・態度を学び、自己を発展させることができる人材の育成を目指す。また、社会の動向に関心を持ち、国際的視野を広め柔軟な思考や判断力を持って、社会的使命を遂行しうる実践的な看護専門職としての人材の育成に努める。」

教育目的と教育目標

教育目的
看護のさらなる探究をする学生の主体的な学習を支援し、豊かな人間性をはぐくみ、専門職業人としての知識、技術、態度を修得させ、社会に貢献しうる有能な看護師を育成する。
教育目標
  1. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解する。
  2. 人々の健康と生活を環境との相互作用等の観点から理解する。
  3. 看護の倫理に基づいた行動ができる能力を養う。
  4. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる能力を養う。
  5. 健康の段階及び障害の状態に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  6. 保健・医療・福祉制度と他職種との役割を理解し、健康の保持増進を行うコーディネーターとしての役割を果たせる基礎的能力を養う。
  7. 国際的視野を含めた社会的動向に対応できる基礎的能力を養う。
  8. 自己教育力・創造力・感性豊かな人間として成長できる能力を養う。