沿革

昭和44年 4月 1日 川口市民病院附属高等看護学院2部設置。2年課程(夜間3年)、定員60名
昭和51年 2月13日 川口市民病院附属高等看護学院1部設置。3年課程(全日制)、定員75名
昭和59年 2月 9日 川口市民病院附属高等看護学院、専修学校として認可。
平成元年 3月14日 川口市民病院附属准看護学院、各種学校として認可。
平成4年 2月21日 川口市民病院附属高等看護学院1部・2部学生定員増認可。1学年30名、定員90名。1部のみ推薦制を導入。
平成5年 12月16日 学則並びに校舎用途及び面積の変更認可。(平成6年4月1日施行)
川口市立看護専門学校第1看護学科・第2看護学科へ名称変更。
第1看護学科、学生定員増。1学年80名、定員240名。
平成6年 1月31日 新校舎竣工(総建設費12億2,516万円)
平成6年 4月 1日 新校舎へ移転開校。
平成7年 1月23日 川口市立看護専門学校第1看護学科・第2看護学科卒業者に「専門士」の 称号付与文部省認定。
平成17年 4月 第1看護学科、学生定員減。1学年40名,定員120名
平成18年 4月 1,055㎡の運動場用地取得

准看護学校

昭和32年 4月 1日 川口市民病院附属准看護学院設置。
平成5年12月16日 川口市立准看護学校へ名称変更。
平成13年 4月 川口市立准看護学校募集停止
平成14年 3月 川口市立准看護学校廃校