川口市立看護専門学校

学校評価

1.学校評価の経緯

本校では平成18年度より教育活動等に関する自己評価として、授業評価および実習評価を実施してきました。そして、評価項目や基準を見直し、学校の運営に関する自己点検・自己評価についての評価体制を整えたことで、令和元年度より公表を実施しております。

2.学校評価の目的

本校の教職員が、自校の理念や目的に照らして、自らの教育活動や学校の運営状況について把握・分析・評価を行い、その結果を今後の教育活動の改善に反映し教育の質向上を目指します。

3.評価項目と結果

評価内容 評価項目 評価の視点 今年度達成度 前年度達成度
Ⅰ 学校経営 5 21 76% 84%
Ⅱ 教育課程・教育活動 15 76 87% 93%
Ⅲ 入学・卒業対策 7 30 91% 91%
Ⅳ 学生生活への支援 4 22 80% 80%
Ⅴ 管理運営・財政 5 24 88% 92%
Ⅵ 施設設備 7 27 97% 97%
Ⅶ 教職員の育成 6 19 37% 60%
Ⅷ 広報・地域貢献・社会貢献 2 13 60% 70%
 

4.評価のまとめと今後の取組み

評価結果は、「学校運営」、「教職員の育成」、「広報・地域活動・社会貢献」以外の項目については、80%以上を達成しました。しかし、昨年度と比較すると、残念ながら全ての項目において昨年度の値と同等か下回る結果となりました。これは、年度当初からの新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う業務範囲の拡大・業務増により、本来の学校活動が十分に実施できたとは言い難いことと関連があるものと考えられます。

「教育課程・教育活動」、「施設設備」の両項目については、これまでに引き続き高い評価となっております。教育体制の確立や実習環境の充実、実習施設との連携並びにハード面の充実といった本校の強みについては、今後も維持・強化して参りたいと考えます。

一方、「教職員の育成」については、37%と全項目中達成度が最も低い値となり、昨年度の60%からも大きく低下しております。これは、当該項目が前述した新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響を強く受けたのではないかと考えられます。本校では教職員対象の研修会を平成29年度より実施しておりますが、今後も取り組みを継続して行っていくことにより、改善を目指して参りたいと考えます。

今回の評価結果によって明らかとなった課題に取り組み、学校運営、教育の質の向上に努めて参ります。また、今後も自己点検・自己評価を継続して実施していくと共に、令和3年度における関係者評価の実施に向けて準備を進めて参ります。